トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

超いい!(^u^)寝っ転がり勉強法グッズ!!英語の本を見ながら、いつのまにか眠れます!!

こんにちは!本日は机に向かうと20分も持たない激やば ヾ(≧∇≦)〃ヾ(≧∇≦)〃の方々のために、ある物を紹介しますCa260057 すばり、これです。どうでしょう?!まあブックスタンドみたいな物です。寝ながら本が読めちゃうというやつです。本を固定する部分は結構、強いバネでできており、かなり厚めの本でもずれ落ちたりしません。ライト付き(写真は点灯していない状態で撮影)なので、寝た状態で本を読んでも、結構、見やすいです。横や縦に調整ができて、割といろんな格好で本が読めちゃったりします(笑)ベットや布団にもセットできて便利ですよ~!本を読んでいたらいつのまにか寝てしまった・・・なーんてなんか、いいじゃないですか!!!これにちょいと工夫をして、蛍光ペンもすぐ使えるようにしたら、単語なども就寝前に、規則的に復習できそうですね。就寝前は体も心もリラックスしており、何かを暗記、記憶するのにはうってつけの状態だとか!!あれ~、でも、どこでこれ買ったんだっけかな?!まあ、ブックスタンドで検索すれば、きっと出てくるはず~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超高速で単熟語を調べる方法。あなたの英語学習にあてる時間は半分以下になる!

Ca260051 こんにちは、今回は超高速で単熟語を調べ、英語学習にかかる時間を少なくする方法を紹介します。

もっとも、これにはパソコンとソフトが必須になってくるのですが!!写真は私のパソコンで、ちょうど、起動がすみ、画面が立ち上がったところです。画面、左上にはジーニアス英和、和英辞典、右上にはBOOK SHELF(英和、和英、国語辞典)、右下には言わずとしれたアルクの「英辞郎」(熟語などを調べるのにはすごく便利です)。ちなみに他は漢字辞典だったり、地図ソフトだったり、スケジュール管理ソフトだったりします。私はウィンドウズのスタートアップにこれらを登録してあり、パソコンの電源を入れたら自動的にソフトが立ち上がって、すぐ使用できる状態になるようにセットしています。他に画面では確認しにくいかもしれないですが、他にもデイリーコンサイスリーダーズプラスロイヤル英文法もすぐ画面に呼び出せるようにランチャーが画面下に出ています。

これらのソフトはインターネットで検索すると値段や詳しいことがわかります。一つのソフトは4000~15000円くらいして値段は安くはないのですが、使うと最高です。学校で長文の予習の宿題が出たとしましょう。ど根性(笑)で、自分の手で辞書をペラペラめくってやっている生徒もいれば、小型の電子辞書を使用する生徒もいるでしょう。ペラペラ辞書をめくっている生徒が3時間かかる宿題ならば、電子辞書を使用している生徒はもっと効率良く、2時間くらいでできるかもしれません。ですが画面が小さいためにスクロールで時間がかかったり、機種によっては画面が見にくかったり、多少の欠点があります。それに比べて、このパソコンでの英語のソフトを使えば、1時間くらいですむことが多いのではないでしょうか!大きく見やすいカラーの画面、熟語も英辞郎ですぐに引け、文法もロイヤル英文法などのソフトを使えば、あっという間に、調べたい個所に到達できます。英語の調べ物にかかる時間を大幅に縮小できるならば、他の学習にまわす時間も大きくとれるというもの!!!ある程度のお金と時間がある方は是非、こういった、パソコン英語ソフトを活用した学習法を試みてくださいね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検2級、準1級に受かる単語(集)・ターゲット1900を使いこなそう!

2級・・・Ca260049_3 たくさんの単語集がありますが、有名な本では、「DUO」とか、Z会の「速読英単語」とかあります。でも私は旺文社の「ターゲット1900」を推奨します。ですが、全員が全員この本への適正があるかと言うと、答えはNoです。毎年、10人中、1~2人くらいの生徒が、いろいろやっても中々、覚えてくれません。そういう生徒は決まって、「なんですか、この本、無理~」とか言うわけです(笑)実際、DUOの用に、日本語訳すると、笑えたり、印象的な例文あまりがなく、速読英単語のように一連の文章の中で読めるわけでもありません。ですが、本の構成の単純さから、一旦、慣れて、自分流に覚え方ができるようになると、「これほど、使いやすい本もないように思われる」との意見もかなり多いのも確かです。 それからこの単語集には、さらに別売りですが、写真の「単語カード」なるものも売っていたりして、うまく使えば、かなり効果は期待できます!Ca260073_3 Ca260072_1
他の理由には、他の単語集に比べて、英検だけでなく大学入試とかにも、本当によく出る単語が載っているからです。ちなみに私の勤務している予備校の卒業生や在校生で2級に合格した生徒の多くが、この単語集の1~800番までをやってテストに臨んでいます。なかには300番くらいまでしかやっていないのに合格する生徒もいます。やりかたはノートに書いてもいいし、部活や仕事の合間などをぬって、見るだけでもいいと思います。その際に音読するのが効果的です。友達と単語のクイズを出し合うってものいいですね。理想は右ページにある例文ごと暗記ですが、これがなかなか難しいようですね・・・。暗記が無理なら、例文を読んで、「なるほど、こんな感じでこの単語は使うんだな」と単語の使用法を理解しようと努めるのが大切です。基本は新出単語を書けるのではなく、その単語の意味が言えること!!!それから時間がある方は別売りのCDとかも聴いて、新出語の正しい発音も覚えてください。

準1級・・・ここでもターゲット1900を使用するといいと思います。ただし、1~1900番を、できたら全部、単語の意味を言えるようにするのが理想でしょう。さらに旺文社から出版されている「英検 pass 単熟語 準1級」の少なくとも1~400番くらいまでの意味を言えるくらいには仕上げましょう!!これで、合格率40~50%くらいにはなります!!長文や聞き取りが得意な方はこれだけで、受かるかもしれないですね!!(-^〇^-)

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有効的な単語習得法

高校生・大学生・社会人にとって、非常に有効的な単語学習法とは、やっぱり常に音読して、単語に目をふれている時間を増やすことが重要なのでは?!携帯を利用して、あいている時間に単語を学習するというのもいいですね~!これから、数日にわたって、大学入試で出る単語、英検準1級で出やすい単語を特集していきたいと思います!!(^◇^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年9月 »